close

2016/12/29Press Releases

Audi News Letter -January Issue-

Contents

※記事の詳細につきましては上記「Download PDF」からPDFデータをダウンロードください。

■Pro Glove

ウェアラブルなバーコードリーダー付きグローブ「Mark」

腕時計型のスマートフォンをはじめ、メガネ型や指輪やネックレスなどのアクセサリー型のもの、また衣服やシューズに内蔵されたタイプなど、コンピュータを身につけて持ち歩くことができる、 ウェアラブルデバイスが身近な存在になっています。

アウディはドイツ・インゴルシュタット工場における発送業務にProGlove(プログローブ)社のウェアラブルデバイスの導入を開始しました。それはスキャナー機能を備えた革新的なグローブで、アウディでは「Mark」と名が付けられました。「Mark」を導入することにより、従来型のバーコードスキャナーのように手に持ちかえる動作が必要なく、両手が自由に使えるようになり作業者の移動距離も短縮され、自動車部品を世界各地へ送り届けるための作業負担をより軽減します。

■ The Interior room

アウディの考える“これからのクルマのインテリア”とは?

近年、クルマのインテリアに関心を持つユーザーが増えています。ドライバーが多くの時間を過ごす車内を快適にするために、アウディはこれまで以上にインテリアデザインの開発に注力しています。 「完璧であること、そして革新的であること」というアウディの理念はもちろんインテリアにも通じるものです。

アウディのインテリアを特徴づけているのは、精緻なデザインとクオリティの高さです。さらに、容易にアクセスでき直感的に扱えるエルゴノミクス(人間工学)に優れた操作性を求め、開発者たちはアウディバーチャルコックピットやシフトレバー、スイッチ類ひとつに至るまで入念に配置を検討します。

■Audi Sport

2016 年のAudi Sport レース総括 – 世界中で数多くのタイトル獲得を果たす

モータースポーツを「走る実験室」と位置づけるアウディは創業以来、様々なカテゴリーに挑み、独自の4WD システム、quattro をはじめとした技術革新を行ってきました。そして2016 年シーズンもAudi Sport にとって素晴らしい1年となりました。

FIA 世界耐久選手権(WEC)では、ハイブリッドレーシングカー Audi R18 でルマン プロトタイプカテゴリー(LMP)に参戦。スパ・フランコルシャン(ベルギー)での優勝をはじめ、ルマン24 時間レースで3 位、最終戦のバーレーン大会では劇的な1-2 フィニッシュを飾りました。アウディは今シーズンのマニュファクチャラーズとドライバーズの両方で、シーズン2 位のタイトルを獲得しました。

一方で近年Audi Sport はカスタマーレーシング活動にも注力しています。その一環として、日本国内でもSUPER GT のGT300 クラスに挑戦するカスタマー(プライベート)チームを支援しています。今シーズンは新型Audi R8 LMS の導入を機に、2012 年よりAudi R8 LMS でGT300 クラスに挑戦を続けるAudi Team Hitotsuyama(アウディ チーム ヒトツヤマ)に加え、新たにTeam TAISAN SARD(チームタイサン サード)がエントリーし、シーズンを通して2 台のAudi R8 の勇姿を見ることができました。中でもAudi Team Hitotsuyama は11 月にツインリンクもてぎで開催された「MOTEGI GT 250km RACE」で念願の初優勝を遂げ、年間シリーズでチーム、ドライバーランキング共に3 位となりました。これはFIA GT3 勢としてはトップとなる好成績です。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン株式会社 広報部
代表電話:03-5475-6309

ページ上部へ