close

2016/03/26Motorsport

新型 Audi R8 LMS が日本のレースシーンに登場

SUPER GTに挑戦するカスタマーチームをサポート


アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、新型 Audi R8 LMS で出場するカスタマー(プライベート)チームへの支援を通じ、2016年シーズンもSUPER GTに挑戦することになりました。


量産モデルのAudi R8が第2世代にモデルチェンジしたことを受けて、GT3仕様のレースカーであるAudi R8 LMS も新型に生まれ変わりました。


新型 Audi R8 LMS は2016年から導入される安全規定にいち早く適合したことが特徴で、アルミとCFRPの複合素材によって構成された新世代のアウディ スペース フレーム(ASF)の採用により、従来モデルに対して25kgの軽量化を達成。さらに捻り剛性を39%向上させたうえで、エアロダイナミクスの面でもさらなる進化を果たしています。


自然吸気 V10 5.2ℓエンジンは最高出力585PSを発揮するほか、オーバーホールのインターバルが2万kmとレーシングエンジンとしては極めて長いことも特徴のひとつです。また、駆動方式は車両規則によってquattroフルタイム4輪駆動から後輪駆動へと改められています。


新型 Audi R8 LMS は量産モデルの新型 Audi R8 と並行して開発が進められ、パーツの共用率は50%に上ります。また、 Audi R8 LMS も Audi R8 も、AUDI AGネッカーズルム工場近くに新設された“ベーリンガーホフ(Böllinger Höfe)”工場で生産されます。


この新型 Audi R8 LMS で2016年 SUPER GTのGT300クラスに参戦するのは、2012年から Audi R8 LMS で挑戦し続けているAudi Team Hitotsuyamaと、今年から新たに参戦するAudi Team Brailleの2チームとなります。


このうち、Audi Team Hitotsuyamaの一ツ山亮次チーム代表は新シーズンに向けた抱負を次のように語っています。「今年はフルモデルチェンジを受けた新型 Audi R8 LMS で参戦、ダンロップからタイヤ供給を受けることになりました。先日行ったシェイクダウンテストでは、リチャード ライアン、藤井 誠暢の両ドライバーが、新型マシンとダンロップ タイヤのコンビネーションに大きな手応えを掴んだようで、『間違いなくシリーズチャンピオン争いに加われる』と力強くコメントしてくれました。また、ヨーロッパのGT3レースなどですでに何100時間と新型 Audi R8 LMS で実戦を経験しているW-Racing Team(WRT)のエンジニアが昨年同様派遣されることも決まっているので、とても心強く思っています。今シーズンは、早い段階で1勝を挙げるとともに、シリーズチャンピオンを目標にひとつひとつのレースを大切に戦っていきますので、皆さんのご声援をどうぞよろしくお願い申し上げます」


アウディ ジャパンは、SUPER GTへの参戦サポートを通じ、アウディの重要なブランド要素であるスポーティイメージをさらに強く訴求していきます。


(ご参考)

Audi R8 LMS とは?


量産モデルの Audi R8 をベースに、GT3と呼ばれる規則に沿って開発されたレースカーが Audi R8 LMS です。


GT3は、国際的なモータースポーツを統括する団体である国際自動車連盟(FIA)が定めた競技車規則のひとつで、現在、世界中のスポーツカーメーカーがこの規則に沿った競技車両を生産し、カスタマーチームに供給しています。この規則は、各車両の性能を厳格に規制しており、結果として性能のバラツキが少ない、競争力の拮抗したレースが繰り広げられています。日本ではSUPER GTのGT300クラスならびにスーパー耐久シリーズのST-XクラスがGT3規格を受け入れており、毎レース激戦が繰り広げられています。


Audi R8 LMS はAudi Sportの手で開発され、2009年のデビュー以来、通算28のシリーズタイトルを獲得。8つの24時間レースで総合優勝する活躍を示してきました。これまでに生産された Audi R8 LMS は合計で130台以上に上ります。


昨年のジュネーブショーで一般に公開された新型 Audi R8 LMS は、その後、Audi Sport と縁の深いチームの手によって実戦を通じた開発が進められてきました。このうち、2015年5月に開催されたデビュー戦、ニュルブルクリンク24時間では総合優勝を達成、7月に開催されたスパ24時間でも2台が表彰台に上る健闘を示しました。


それから1年を経て、2016年シーズンから一般のカスタマーチームへの供給を開始。日本ではAudi Team HitotsuyamaとAudi Team Brailleの2チームがいち早く新型 Audi R8 LMS を手に入れ、SUPER GTに参戦することが決まりました。


プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン株式会社 広報部
代表電話:03-5475-6309

ページ上部へ