close

2017/01/26Models

プレミアムコンパクトカーのトップランナー Audi A3/S3を商品改良

  • 自動ブレーキシステムの「アウディプレセンス フロント」を含めアダプティブクルーズコントロール(ACC)を全車標準化
  • quattroモデルに新開発の「ライトサイジングエンジン」を搭載
  • スポーティでスタイリッシュな“sport”モデルを新たに設定
  • 300万円を切る魅力的なエントリー価格

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は、プレミアムコンパクトカーのAudi A3(SedanおよびSportback)及びそのスポーツバージョンであるAudi S3(SedanおよびSportback)に商品改良を施し、1月26日より全国の正規ディーラー(124店舗、現時点)を通じて販売いたします。

手頃なサイズのボディの中にアウディならではのスポーティ&エレガンス、高品質、卓越した走行性能などを凝縮したAudi A3は、ヨーロッパではプレミアムコンパクトクラスの不動のベストセラーであり、日本でも重要な販売の柱のひとつになっています。Audi A3/S3 Sportbackは、2013年9月以来3年4か月ぶりの、またAudi A3/S3 Sedanは2014年1月の初導入以来の改良となります。新型モデルは、Audi A4シリーズなどから最新テクノロジーを移植することで、安全に関わるアシスタンスシステムや操作性、コネクティビティなどを充実させており、さらに新しいエンジンやトランスミッションも導入し、走行性能や燃費効率の面でも「プレミアムコンパクトカーのトップランナー」に相応しいクルマに仕上げています。

その中でも、安全のためのアシスタンスシステムについては、ブレーキやアクセルをシステムが自動制御して車間距離と速度を一定に保つ「アダプティブクルーズコントール」をはじめ、追突防止/歩行者保護のための自動ブレーキ機能を含めた「アウディプレセンス フロント」を全モデルに標準装備しています。さらに車線維持操作を助ける「アウディアクティブレーンアシスト」*、車線変更時の危険を減らす「アウディサイドアシスト」*、渋滞時のドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」*といった先進システムも選択できるようにしました。*2017年夏以降の販売車両より「セーフティパッケージ」としてオプション設定。

走行性能の面では、前輪駆動モデルは従来の1.4TFSIエンジン(90kW/122ps)と7速Sトロニックのパワートレインを踏襲しつつ、quattroモデルには、従来の1.8 TFSIに代え、アウディ独自の新しい燃焼方式「Bサイクル」を採用した新エンジン(140kW(190PS)を発揮する2.0 TFSI)を搭載。また、Audi S3用の高性能版2.0 TFSIのパワーを従来の210kW(285PS)から213kW(290PS)に引き上げ、組み合わせるSトロニック トランスミッションも、従来の6速から7速にグレードアップし、ドライバビリティと燃費効率をさらに改善しています。

操作性・機能性の面では、先にAudi TTやAudi A4などに採用されて好評を得ている、フルデジタルの多機能ディスプレイ「バーチャルコックピット」がAudi A3シリーズとして初めて選択できるようになりました。アウディユーザーにはお馴染みのMMIコントロールユニットも操作ロジックが全面的に刷新され、より使い易くなっています。コネクティビティの面では、オプションのナビゲーションシステムとの組み合わせで、「アウディ スマートフォンインターフェイス」が利用できるようになり、手持ちのスマートフォンを簡単につなぎ、車載のモニターで特定のアプリの操作などを行えるようになりました。

ボディは従来どおり、5ドアのスポーツバックと4ドアのセダンの2タイプ。今回から新たに、ホイールを17インチにサイズアップして車高を15mm下げた “sport” モデルが、前輪駆動の1.4 TFSI及びフルタイム4WD仕様の2.0 TFSI quattroの両方に設定されることになりました。

■新型Audi A3/S3の概要

スポーティさがさらに鮮明に
エクステリアは従来のモデルからシングルフレームグリル、バンパー、ヘッドライト、リヤディフューザーなどのデザインが変更され、スポーティな印象がより鮮明になっています。シングルフレームグリルは若干幅が拡げられ、六角形のテーマがより強調されるようになりました。フロントバンパーは、左右のエアインテークの部分を中心により立体的な造形となり、その上方のヘッドライトにもよりシャープな輪郭が与えられています。ヘッドライトはバイキセノンが標準で、オプションでLEDヘッドライトを選択した場合は、リヤコンビネーションライトに「ダイナミックターンインディケーター」が組み込まれることになります。

今回からAudi A3/S3の全モデルに標準搭載されることになった「アウディプレセンス フロント」は、レーダーセンサーにより前方の交通状況を常時監視し、緊急時には自動ブレーキを発動するなどして事故の危険を減らすシステムです。約10km/h~65km/hで歩行者を、約10km/h~250km/hでほかの車両を検知。接触する可能性があると判断されたときは警告が発せられるとともに、必要に応じてブレーキ操作への介入が行われます。さらに状況に応じ、フルブレーキを発動し衝突スピードを抑えるため、最大限の減速、衝突の回避、衝撃の緩和を図ります。さらに、アダブティブクルーズコントロールも全車標準装備し、上級モデルと同等の安全装備を備えています。

2017年夏以降の販売車両からは「アウディアクティブレーンアシスト」「アウディサイドアシスト」「トラフィックジャムアシスト」などの先進システムを組み合わせた「セーフティパッケージ」が提供される予定です。いずれもコンパクトクラスでは初採用となる、最新のセンサー&運転制御テクノロジーを用いた高度なアシスタンスシステムです。そのうち「アウディアクティブレーンアシスト」は、ドライバーの車線維持操作をサポートするシステムで、ウインカーを使用しない状況でクルマが車線を逸脱しそうになると、警告を発すると同時にステアリングにも介入し、クルマを同一車線内に維持します。
「アウディサイドアシスト」は、レーダーとカメラにより後方及び側方の運転状況を監視することで、車線変更時の事故の危険を減らすシステムです。「トラフィックジャムアシスト」は「アダプティブクルーズコントロール」(全モデルに標準装備)の拡張機能のひとつで、約0km/h~65km/hで渋滞した高速道路などを走行中、アクセル、ブレーキだけでなくステアリング操作も一部代行し、ドライバーの負担を軽減します。将来の本格的な自動運転につながるテクノロジーとして注目されているシステムです。

デジタル化された操作系とアウディ スマートフォンインターフェイス
Audi TT、Audi A4、Audi Q7といった上級モデルに採用され評判を呼んだ、フルデジタルの多機能ディスプレイシステム「バーチャルコックピット」がAudi A3シリーズでも選択できるようになりました。アウディを代表する先進テクノロジーのひとつであるMMIコントロールユニットも全面的に刷新され、さらに使い易くなっています。ヒエラルキーを最小限にした新しい操作ロジックは、スマートフォンのそれにならったものです。もうひとつ注目すべきは、オプションのナビゲーションシステムとの組み合わせで、「アウディ スマートフォンインターフェイス」が利用できるようになったことで、iPhone、Androidの両方のスマートフォンに対応し、車載のインフォテイメントシステムとの接続、特定のアプリの共有(スマートフォンと車載インフォテイメントシステム間の)が可能になっています。

ライトサイジングのコンセプトを具現化した新開発の2.0 TFSIエンジン
Audi A3のquattroモデルには、従来の1.8 TFSIに代わり「Bサイクル」と呼ばれるアウディ独自の燃焼方式を採用した新しい2.0 TFSIエンジンが搭載されています。Bサイクルという呼称は、発案者のDr. ラルフ ブダック(AUDI AGのエンジニア)にちなんだもので、バルブタイミングの設定により低~中負荷領域で吸気工程を短縮する、いわゆる「ミラーサイクル」の原理を取り入れ、燃料消費を減らしています。その一方で、高負荷運転時ではバルブタイミングを一般的なものに戻し、2ℓ排気量とターボチャージャーによる過給をフルに活かし、大きなパワーを発揮させます。圧縮比を11.6と、過給エンジンとしては異例に高く設定したことも高効率に貢献しており、結果として140kW(190PS)/ 320Nmの出力 /トルクと、JC08モードで16.0km/ℓ(前モデル比8%向上)という良好な燃費を両立させることに成功しています。大きめの排気量を逆に利用し、効率とパワーの融合を図るこの技術コンセプトをアウディは「ライトサイジング」と呼び、今後採用するエンジンを拡大していく方針です。

新しい7速Sトロニックとquattroフルタイム四輪駆動システム
Audi A3 quattro及びAudi S3は、電子制御油圧式のマルチプレート(多板)クラッチによりエンジントルクを前後輪に振り分けるquattroフルタイム四輪駆動システムを採用しています。一般的な走行条件では、エンジントルクの大半は前輪に向けられますが、必要が生じるや否や、電子システムが状況を感知し、後輪にもトルクが分配されるようになります。これらのモデルに組み合わされる湿式クラッチを用いたSトロニック トランスミッションは、従来の6速仕様から、トルク容量も高めた新しい7速タイプにグレードアップされました。このトランスミッションには新しい機能も付加されており、Audi A3 2.0 TFSI quattro sportとAudi S3の両モデルでは、標準装備の「アウディドライブセレクト」で “efficiency” のモードを選択したとき、巡航中のアクセルオフ時にクラッチが切り離され、ギアがニュートラルな状態となる「フリーホイーリング」の機能が働き、燃料消費を削減します。なお、1.4 TFSIエンジンを搭載した前輪駆動モデルは、従来どおり乾式クラッチを用いた7速Sトロニックを採用しています。

新型Audi S3 Sportback & S3 Sedan
Audi A3の高性能バージョンであるAudi S3には、213kW(290PS)、380Nmを発揮する2.0 TFSIエンジンが搭載されます。パワーは従来のモデルから、3kW(5PS)アップしました。駆動方式は全モデル、quattroフルタイム四輪駆動システムを採用し、同じく標準設定のSトロニックは、従来の6速から7速に進化しました(フリーホイーリング機能が備わっている点は前述のとおり)。サスペンションは、通常のAudi A3と比べるとかなり固められており、それに伴い車高が25mm(新しく設定されたsportと比べても10mm)低くなっています。敏捷性と安定性を高度に両立させるため、切り角に応じてレシオが代わる「プログレッシブステアリング」を全モデルに標準化したほか、電子可変ダンパーシステムの「アウディマグネティックライド」をオプション設定しました。

エクステリアは、専用デザインのバンパーとルーフスポイラー、18インチホイール、リヤの両側に設置された迫力あるデュアルエグゾーストなどにより、通常のAudi A3よりずっとアグレッシブな印象になっています。ヘッドライトはLEDが標準で、オプションでマトリクスLEDヘッドライトも選択可能であり、その場合はリヤだけでなくフロントにも「ダイナミックターンインディケーター」が備わることになります。インテリアにはファブリックとレザーを組み合わせたスポーツシート、専用デザインの3スポーク革巻きマルチファンクションステアリングホイール、ナビゲーションシステムなどを標準で装備。そのうちシートについては、アウディデザインセレクションによるファインナッパレザーを使った特別な仕様(エクスプレスレッド)も選択することができます。

参考:Audi A3シリーズについて

Audi A3は、プレミアムコンパクトカーの先駆け的なモデルとして、1996年のパリ モーターショーでデビューを飾りました。当初販売されたものは、3ドアハッチバックの1ボディタイプのみで、全モデル前輪駆動方式を採用していました。日本でも翌1997年春から販売が始まっています。その後、1998年秋にquattroモデルが追加され、1999年からは5ドアモデルも選択できるようになりました。現行のシリーズは2012年春のジュネーブ モーターショーで初お披露目され、2013年秋から日本での販売が始まった3世代目で、Audi A3シリーズとして初めて4ドアセダンがラインナップに加えられました。また5ドアモデルは、2004年発表の2世代目からショートワゴン的なキャラクターを備えるようになり、Sportback(スポーツバック)という独自の名称が与えられることになりました。Audi A3 Sedanは2013年に発表され、2014年1月から日本で販売が始まりました。全幅1.8m以下のコンパクトなセダンモデルとして、発売以来好評を博しています。

Audi S3は、quattroドライブシステムとハイパワーエンジンを搭載したAudi A3のスポーツバージョンとして、1999年にヨーロッパで初代モデルが発売されました。ボディタイプは当初3ドアだけの設定でしたが、2006年デビューの第2世代から5ドア“Sportback”のAudi S3がラインナップに加わり、さらに、第3世代の現行シリーズでは4ドアセダンも選択可能となっています。2011年には、Audi S3よりもさらに高性能なAudi RS 3を投入し、コンパクトクラスのスーパースポーツモデルという独自のセグメントを切り開きました。また、2014年に発表したAudi A3 Sportback e-tronは、アウディブランド初のプラグインハイブリッドモデルであり、優れた環境性能と実用性、運動性能を融合したオールマイティなコンパクトカーとして話題を呼びました。日本でも2015年秋に発売されています。1996年の初代発売以来、Audi S3、Audi RS 3を含めたAudi A3シリーズの世界累計販売台数は400万台を突破しています。

今回発売する新型Audi A3およびAudi S3 各モデルの主要諸元と価格の詳細についてはPDFをご参照ください。

Audi A3 Sportback

Audi A3 Sedan

Audi S3 Sportback

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

About Audi Japan Press Center

このサイトではアウディ ジャパンが配信するプレスリリースおよび関連する資料、画像をご提供しています。

報道関係者様からのお問い合わせ先:
アウディ ジャパン 広報担当 Tel: 03-5475-6309

ページ上部へ