close

  • Start
  • Motorsport
  • Audi Sport
  • フォーミュラEシーズン開幕戦 レース1:アウディカスタマーチームが優勝 レース2:ディ グラッシが2位表彰台を獲得

2019/11/25Motorsport

フォーミュラEシーズン開幕戦 レース1:アウディカスタマーチームが優勝 レース2:ディ グラッシが2位表彰台を獲得

  • Envision Virgin Racing、新開発Audi e-tron FE06に初勝利をもたらす
  • Team Audi Sport ABT Schaeffler、60戦目のレースで41回のトロフィー獲得
  • チーム代表アラン マクニッシュ:「大混戦のレースで表彰台を獲得できて満足している」

2019年11月22日23日、ディルイーヤ(サウジアラビア):電気自動車のレースシリーズ、FIAフォーミュラE選手権 開幕戦がサウジアラビアのディルイーヤで開催されました。金曜日と土曜日に続けてレースが行われるこのダブルヘッダーの最初のレース1で、アウディカスタマーチーム Envision Virgin Racing(エンヴィジョン ヴァージン レーシング)のサム バードが、Audi e-tron FE06に初勝利をもたらしました。一方、ファクトリー参戦しているTeam Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)のダニエル アプトとルーカス ディ グラッシは苦戦を強いられ、フォーミュラEシリーズが始まって以来、初めて開幕戦でポイントを獲得することができませんでした。
しかし、レース2では、Team Audi Sport ABT Schaeffler(チーム アウディ スポーツ アプト シェフラー)のルーカス ディ グラッシは2位でフィニッシュして、フォーミュラE参戦60戦目のレースで、41回目の表彰台をチームにもたらしました。チームメイトのダニエル アプトも、力強い反撃で貴重なポイントを獲得しました。


レース1:11月22日(金)
昨シーズンに素晴らしい結果を残したことにより、予選で最初の2組から出走することになったドイツ人ドライバーのアプトと、ブラジル人ドライバーのディ グラッシは、まだ路面が非常に汚れた状態でのタイムアタックを強いられ、スターティング グリッドも15番手と19番手となりました。レースでは、ディグラッシがポジションを6つ上げて、13位でフィニッシュしました。アプトも反撃を開始しましたが、ライバルに接触して壁に衝突し、フロントウィングを破損。最終的にポイントを獲得することはできませんでしたが、ファステストラップを記録して、今後に期待できる結果を残しました。 5大陸、9つの首都を含む 全14戦が行われる今シーズンの初戦は、アウディカスタマーチームのEnvision Virgin Racingが、新開発 Audi e-tron FE06で優勝を飾りました。

レース2:11月23日(土)
レース1でポイントを獲得できなかったため、予選では、ディ グラッシがグループ3から、アプトはグループ4から出走しました。この予選では、なるべく後のグループから出走した方が、路面がクリアになるため有利だとされていました。このレース2は、数多くのオーバーテイクが繰り広げられ、2度にわたってセーフティカーが導入される荒れた展開となりました。3番グリッドからスタートしたディ グラッシは、混戦の中でも非常に冷静に45分間のレースを走り切り、2位でフィニッシュしました。これにより、ディ グラッシは、10回の勝利を含めて、フォーミュラE通算31回目の表彰台を獲得しました。

ディ グラッシは、次のようにコメントしています。「ピットのスタッフに感謝します。このトロフィーは、昨日の困難なレース1の後に、チーム全員で取り組んだハードワークの賜物です」金曜日の開幕戦では、ディグラッシとアプトは、2人ともポイントを獲得することができませんでした。「これが私たちのチームの強みです。私たちは、決してあきらめません。レース内容をすべて分析して評価し、改善を続け、次のレースでさらに強くなります。チャンピオンシップの戦いは、まだ始まったばかりです」

6位に入ったアプトは、自身とチームのチャンピオンシップにとって貴重なポイントを獲得しました。15番グリッドからスタートしたアプトは、いくつかポジションを上げたにもかかわらず、その後ドライブスルーペナルティを受けて、最後尾まで順位を落としてしまいます。しかし、セーフティカーの導入と、見事なオーバーテイクを繰り返して、再びポイント圏内でフィニッシュしました。

アプトは、次のようにコメントしています。「今日はなんとかポイントを獲得することができました。開幕戦のレース1では苦戦したので、良い気分です。獲得したポイントは、まだそれほど多くはありませんが、マシンのパフォーマンスは高いので、今後は優勝争いができると思います。これからもチーム一丸となって戦います」

チーム代表のアラン マクニッシュは、次のように述べています。「これぞフォーミュラEといえる大混戦のレースとなりました。開幕戦のレース1では、ダニエルとルーカスともに、もっと良い結果を期待していたので残念でしたが、それでもレース2でトロフィーを獲得することができたので満足しています。昨日の困難なレースから一転して、非常に印象的な形で巻き返すことができました。これは、私たちのチームの強い決意と情熱を証明するものです。ルーカスは今日、完璧な走りを見せてくれました。また、素晴らしい反撃でポイントを獲得したダニエルについても非常に嬉しく思っています」

開幕戦レース1で勝利を収めたアウディカスタマーチーム Envision Virgin Racingは、2回の衝突により、レース2ではポイントを獲得することはできませんでした。

短いクリスマス休暇の後、フォーミュラEは再びサーキットに戻ってきます。第3戦は、2020年1月18日にチリのサンティアゴで開催されます。

※本リリースは、AUDI AG配信資料の翻訳版です。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

ページ上部へ