close

2021/04/12Motorsport

2021 SUPER GT開幕戦、2台のAudi R8 LMSが完走を果たす

  • Audi Team Hitotsuyamaは、予選Q1突破。決勝13位完走
  • Team LeMans with MOTOYAMA Racingは、決勝22位完走

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:フィリップ ノアック)は、Audi R8 LMSで2021年シーズンのSUPER GT GT300クラスに参戦するカスタマー(プライベート)チームをサポートしています。4月10(土)、11日(日)、岡山国際サーキット(岡山県1周3,703m)で2021 SUPER GT第1戦となる「OKAYAMA GT 300km RACE」が開催されました。


昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、岡山国際サーキットでのSUPER GT開幕戦は中止に。2年ぶりとなる岡山大会は、予選、決勝ともに快晴のもと、観客を迎え入れての開催となりました。

アウディ ジャパンとパートナーシップ契約を締結しているHitotsuyama racingは、今年もAudi Team Hitotsuyama(アウディ チーム ヒトツヤマ)として、SUPER GT GT300クラスに参戦。今シーズンのAドライバーは、昨年から引き続き川端 伸太朗選手、そしてBドライバーには新たに篠原 拓朗選手が起用されました。篠原選手は、昨年Audi Team HitotsuyamaよりAudi RS 3 LMSで参戦したTCRジャパンシリーズで、ドライバーズタイトルを獲得した期待の若手ドライバーです。マシンのカラーリングは赤を基調にベージュを組み合わせたツートーンカラーに一新。昨年同様ヨコハマタイヤを装着します。

また、今シーズンはGT500やスーパーフォーミュラで活躍してきたチームルマンが、SUPER GT GT500 クラスで3度のタイトル、またフォーミュラ・ニッポン選手権では27勝、4度のタイトルを獲得し、同選手権にて歴代1位の記録を誇る、本山 哲氏とのジョイントプロジェクトとして、新チームTeam LeMans with MOTOYAMA Racingを立ち上げ、Audi R8 LMSによりGT300クラスに参戦。Aドライバーは、本山 哲選手自身が務め、2018年にGT500から引退して以来、SUPER GTへの復帰を果たしています。Bドライバーには、全日本F3選手権や全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権で活躍した期待の若手、片山 義章選手を起用。マシンのカラーリングは鮮やかなブルーを基調としたもので、ヨコハマタイヤを装着します。

土曜日の予選は、好天に恵まれ気温15℃、路面温度32℃でコンディションはドライ。参加車両が29台と多いGT300クラスの予選は、A組、B組の2つに分かれてQ1を行い、各グループ上位8台がQ2へと進出するノックダウン方式を採用しています。今大会、#21 Audi Team Hitotsuyama、 #6 Team LeMans with MOTOYAMA Racing 共にB組に配分され、#21は川端選手が、#6は片山選手がQ1を担当しました。トップから8位までの差がわずか0.6秒という大混戦の中、#21は川端選手が、Q1終了間際に8位へと滑り込みQ2進出を決めました。#6片山選手は12位でQ1敗退となりました。#21 Audi Team Hitotsuyamaの予選Q2は、篠原選手が担当。Q1の川端選手を上回るタイムを記録し、予選総合では#21 Audi Team Hitotsuyamaが13位、#6 Team LeMans with MOTOYAMA Racingは24位となりました。

日曜日午後1時30分、前日に続き快晴のもと決勝レースがスタート。#21 Audi Team Hitotsuyamaのスタートドライバーは、篠原選手がつとめました。スタート後15分でセーフティカーが入るなどの混乱でポジションを1つ落とすも安定したラップタイムで周回していきます。しかし、上位グループも接戦を繰り広げており思うようにポジションをあげられない展開の中、チームは予定よりも早めのピットインを選択。25周を終えた時点で川端選手へとドライバー交代しました。その後、セーフティカーが入る展開となりジャンプアップが期待されるも、運にも恵まれず、粘り強く走り続け13位でのフィニッシュとなりました。

#6 Team LeMans with MOTOYAMA RacingはスタートドライバーをSUPER GTデビュー戦となる片山選手がつとめました。スタート直後にはポジションを落とすも、安定したラップを重ね29周を終えたところで、本山選手にバトンタッチ。本山選手にとっても初のAudi R8 LMSでのレースながら、さすがのベテランらしくチームベストタイムを記録しながら周回を重ね、初戦は22位でゴールしました。

#21 Audi Team Hitotsuyama チーム代表 一ツ山 亮次氏のコメント
「無事に開幕戦を迎えられたことを大変うれしく思います。練習走行でいいセッティングを見つけることができ、川端選手も予選Q1を突破してくれましたし、篠原選手もいいタイムで走ってくれました。決勝レースは、前が数珠つなぎの状況でタイムをあげることができず、早めにピットインする作戦を取りました。ピット作業は完璧でしたが、不運にもその後のセーフティカーのタイミングが悪くて、ポイント獲得のチャンスを失ってしまいました。マシンの仕上がりは悪くないですし、次の富士は500kmとAudi R8の得意な長丁場のレースになるので、次こそはポイントを狙っていきたいと思います」

#21 Audi Team Hitotsuyama 川端 伸太朗選手のコメント
「去年から通してみてマシンの仕上がりは一番いい状態にあると感じています。ただBoP(性能調整)で苦しんでいるところがあるので、コンマ数秒でしのぎを削る予選Q1ではカットラインぎりぎりかなと思っていましたが、どうにかQ2の篠原選手につなぐことができて良かったです。決勝レースもマシンの状態はいいのですが、昨年から悩まされているデブリ(タイヤカス)の問題があって、いま解消法を探している状況です。そこが改善できればもっといいペースで走ることができるはずです。チームとしてもいい状態にありますし、富士では例年よりもいい結果を残したいと思っています」

#21 Audi Team Hitotsuyama 篠原 拓朗選手のコメント
「このチームAudi Team Hitotsuyamaには、2018年にはCドライバーとして、また昨年、一昨年はTCRでもお世話になってきて、SUPER GTでも力になりたい、優勝したいという思いで加入させていただきました。実は今回初めて予選アタックを経験したのですが、大きなミスもなく走ることができました。一方で驚くくらいにグリップがあって、いい勉強になりましたし、それを次につなげていきたい。次の富士はチームの地元でもありますし、応援してくださる人たちにいいところをお見せしたいと思います」

#6 Team LeMans with MOTOYAMA Racing 本山 哲選手のコメント
「このプロジェクトを始めたきっかけの1つとして、このようなコロナ禍だからこそ、走る姿を見せることで少しでも喜んでもらえたらという思いがありました。今日はスタンドにファンの方もたくさん来てくださっていて、Tシャツまで作ってくれていたりとても感動しました。改めてレースって良いなと感じました。Audi R8でのレースは初めてですが、第一印象としては癖もないし乗りやすいクルマだと思います。ただGT300はまわりのクルマのレベルが上がっているので、改善するポイントはまだまだある。これからチームとしてAudi R8をできるだけベストな状態に仕上げていきたいと考えています」

#6 Team LeMans with MOTOYAMA Racing 片山 義章選手のコメント
「これまでフォーミュラカーでレースをしてきたこともあって、Audi R8も、GT3マシン自体に乗るのも初めての経験です。Audi R8は乗りやすいと思いますし、素直にかっこいいクルマですね。ぜひ街でも乗ってみたいです。チームメイトに本山さんがいることで、タイムの出し方、タイヤの使い方、レース運びなど、学ぶところがたくさんあります。マシンについても、まだまだわかっていないことが多いので、Audi R8の強みを見つけて、面白いレースをしていきたいと思っています」

アウディ ジャパンは2016年来、Audi Sport customer racingパーツトレーラーを全国のサーキットに配備してレースに参戦するカスタマーチームをサポートしています。今年も専用のトレーラーにボディ、トランスミッション、エンジン等、レース車検に適合した約3,100アイテム、約11,100点の部品を積載し、いかなるレース展開にも対応できるように体制を整えて、SUPER GT、スーパー耐久、およびTCRジャパンに参戦するチームと共にサーキットを転戦します。

次戦、SUPER GT第2戦は、5月3日(月・祝)〜4日(火・祝)、富士スピードウェイにて開催予定です。

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

ページ上部へ