close

2021/09/27Company

Audi eTwin Cup世界大会で、日本代表チームがサービス部門で第2位に

アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マティアス シェーパース)は、2021年9月23日(木)・24日(金)両日、オンライン形式で開催された「第16回Audi eTwin Cup World Championship(アウディ イーツイン カップ ワールド チャンピオンシップ)」において、日本代表チームがサービス部門において2位入賞を果たしたことを発表します。


Audi Twin Cupは、アウディ正規ディーラーのサービス品質向上を目的とした技能コンテストで、現在、全国に124店舗あるアウディ正規ディーラーのすべてのテクニシャンおよびサービスアドバイザーを対象に実施するものです。テクノロジーとサービスの2つの部門別に行われ、ツインカップという名称もそれに由来、全世界で毎年開催しています。各国の優勝チームは、その国の代表としてワールドチャンピオンシップに出場し、アウディサービス世界一の座を競います。昨年はコロナ禍の影響を受け、大会は中止となりましたが、今年は史上初めてオンライン形式での開催となり、名称を「Audi eTwin Cup」と改め16カ国から32チームが参加しました。

今年4月に開催された日本大会には、総勢793名が参加した予選を勝ち抜いたテクノロジー部門12名、およびサービス部門12名が出場。それぞれの上位入賞者3名が、日本代表チームとして、このたび開催されたAudi eTwin Cup World Championshipへの切符を手にしました。

日本代表チームは日本大会以降の5ヶ月間、コロナ禍により集合形式でのトレーニングができない中でも知識、技能を高め、オンラインミーティングを通じてチームワークを強化して決勝戦に臨みました。

今回の入賞により、日本のAudi販売店のサービス技術の高さを世界に示すことができました。日本代表チームは、2019年9月にドイツで開催された「第15回 Audi Twin Cup World Championship」で、世界29カ国、57チームの中から見事ツイン(総合)部門での優勝を果たしています。

第16回 Audi eTwin Cup World Championshipの入賞国は以下の通りです。


<ツイン部門(総合)>
1位 スイス、2位 韓国、3位 ブルガリア

<テクノロジー部門>
1位 ロシア、2位 UAE、3位 カナダ

<サービス部門>
1位 ポーランド、2位 日本、3位 カナダ


<日本代表チームメンバー>
テクノロジー部門:
Audi 神戸(細見 裕之)、Audiサービスセンター 南東京(本田 秀男)、Audi 神戸西(宮本 優斗)

サービス部門:
Audi 東信(白鳥 健太)、Audi 足立(城山 裕明)、Audi 徳島(瀧池 真輝)

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

ページ上部へ