close

2022/07/22Company

Audi Twin Cup世界大会で 日本代表チームがテクノロジー部門 第2位に入賞

アウディ ジャパン(東京都品川区:ブランド ディレクター マティアス シェーパース)は、2022年7月20日(水)- 21日(木)両日、ドイツのミュンヘンで開催された「第17回Audi Twin Cup World Championship(アウディ ツインカップ ワールド チャンピオンシップ)」において、日本代表チームがテクノロジー部門において第2位の成績を収めたことを発表します。


Audi Twin Cupは、アウディ正規ディーラーのサービス品質向上を目的とした技能コンテストで、現在、全国に125店舗あるアウディ正規ディーラーのすべてのテクニシャンおよびサービスアドバイザーを対象に実施するものです。テクノロジーとサービスの2つの部門とツイン(総合)部門で競われ、ツインカップという名称もそれに由来、全世界で毎年開催しています。各国の優勝チームは、その国の代表としてワールドチャンピオンシップに出場し、アウディサービス世界一の座を競います。今年は20ヶ国が参加しました。

今年4月に開催された日本大会では、予選を勝ち抜いたテクノロジー部門12名、サービス部門12名が出場。両部門のそれぞれ上位3名、計6名が、日本代表チームとして、このたび開催された第17回 Audi Twin Cup World Championshipに出場しました。

日本代表チームはツインカップ獲得をめざして3回のべ9日間に渡る強化合宿に参加し、技能とチームワークを磨きました。また、合宿の合間にもメンバーそれぞれが担当領域についての自己学習をすることで世界大会に向けて万全の準備を整えました。

今回のツインカップ受賞により、日本のアウディ正規ディーラーのサービス技術の高さを世界に示すことができました。日本代表チームは、2019年にツイン(総合)部門で優勝を果たしており、それ以前の大会でもサービス部門、テクノロジー部門の各部門において個別優勝を挙げています。

第17回 Audi Twin Cup World Championshipの入賞国は以下の通りです。

<入賞国>
ツイン(総合)部門
1位 カナダ
2位 オランダ
3位 アメリカ

テクノロジー部門
1位 スロバキア
2位 日本
3位 オーストラリア

サービス部門
1位 ブルガリア
2位 トルコ
3位 スロバキア

<日本代表チームメンバー>(敬称略)
テクノロジー部門
Audi堺  堀江 舜
Audi大阪中央  栗本 健太
Audiみなとみらい 河合 秀倫

サービス部門
Audi足立     城山 裕明
Audi横浜青葉   品木 常貴
Audi松本     松尾 寿英


  • Audi Twin Cup世界大会で 日本代表チームがテクノロジー部門 第2位に入賞

プレスリリース配信

プレスリリースの発行をメールでお知らせします。配信をご希望の方は、下の「プレスリリース登録」をクリックしてメールアドレスをご登録ください。

プレスリリース受信登録

ページ上部へ